腰が重い、だるいと感じる原因とその対処法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰は私たちの上半身の体重を支える重要な部分です。

そのため、腰が重い、だるい、または腰が痛いと仕事や日常生活に支障が出てしまい、私たちの生活の質は一気に下がってしまいます。

しかし、実は腰が重い、だるい、痛いと感じる原因の約85%は原因不明と言われており、その原因を究明するのは難しいと言われています。

ここでは、そんな腰が重い、だるいと感じる方が少しでも腰の重さ、だるさ、痛みの原因を究明しやすくなるよう、参考情報として、原因や原因の見分け方、重い対処方などを論文や書籍、記事などを調査し、分かりやすくまとめた情報をご紹介いたします。

ぜひ、お医者様の診療を受ける前の参考にしてみてください。

腰が重い、だるい原因とは?

腰が重い、だるい、痛いと感じる原因は一見腰自体の筋肉や神経が傷んでいると思われがちですが、実は内臓など、腰ではない部分の病気や疾患などが腰の重さやだるさ、痛みとなって現れることがあります。

そのため、腰が重い、だるい、痛いと感じる原因は次の3つに分類することができます。

腰が重い、だるい、痛いと感じる原因 主な病気・疾患など
女性特有のもの 筋膜性腰痛、腰痛症、椎間板症、腰椎分離症・すべり症、変形性腰椎症、脊椎カリエス(結核性脊椎炎)、強直性脊椎炎、リウマチ性多発筋痛症、変形性股関節症
内臓系の病気 肺炎、肺結核、気管支炎、十二指腸潰瘍、肝炎、腎盂腎炎、腎結石、尿路結石、狭心症、心筋梗塞、解離性大動脈瘤、大動脈瘤、すい炎、すい臓がんなど
※中でも腹膜の後方の臓器(十二指腸、腎臓、肝臓など)の異常が背中や腰の重さ、だるさ、痛みとなって現れやすい。
筋肉・関節系の病気 筋膜性腰痛、腰痛症、椎間板症、腰椎分離症・すべり症、変形性腰椎症、脊椎カリエス(結核性脊椎炎)、強直性脊椎炎、リウマチ性多発筋痛症、変形性股関節症
加齢 更年期障害

腰がだるい、重い、痛い原因の見分け方

腰がだるい原因を個人で正確に判断することは非常に難しいと言われていますが、一般的に「性別」「腰の他にも痛い部位があるかどうか」「痛さの程度」「他の症状を伴っているかどうか」「腰が重い、だるい、痛いと感じる期間」「間欠性跛行(はこう)かどうか」「痛い部位がはっきりしているかどうか」「年代」によってその原因を大まかに見分けることができます。

もし耐え難い激痛や腰がだるい、重い、痛いと感じる期間が長い場合には、個人で判断しようとせず、一度お医者様の診察を受けるようにしましょう。

腰がだるい、重い、痛いと感じる女性特有の原因とは?

先ほどもご紹介した通り、腰がだるい、重い、痛いと感じる原因の中には女性特有の原因が存在します。

子宮や卵巣など女性特有の部位の異常や生理や妊娠などの影響が腰のだるさ、重さ、痛みとなって現れる場合があるからです。

生理時に腰の痛みが強くなる、また腰の痛みだけではなく、おりものの異常や経血の量が多くなる、また生理痛がひどくなる、その他排便痛や排尿痛、性交痛など他の症状が現れた場合には次の表のような病気が疑われます。

また、その内、女性特有の代表的な腰の重さ、だるさ、痛さの原因をいくつかご紹介いたします。

子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)

子宮内膜症は、子宮の内側を覆っている子宮内膜が本来あるべきところではなく、子宮の筋層内や膣(ちつ)、外陰部、暴行、腹膜、肺、リンパ節など子宮以外の場所にでき、生理と共にそれが増殖していく病気です。

本来子宮内膜は受精卵が着床する場所です。そのため、妊娠をしなければ生理周期に合わせて増殖して、そのまま月経として排出されます。

これが子宮ではなく他の部位にできて増殖と出血を繰り返してしまうため、経血を排出することができず、それが溜まりさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

主な症状は月経痛や激しい腹痛や腰痛、そして頭痛や吐き気、のぼせやむくみなどで、薬を飲んでもあまり良くならないことが多いのが特徴です。

生理時に腰の痛みが強くなったり、強い生理痛、または排便や排尿痛といった腰痛以外の症状以外の症状が現れた際にはこの子宮内膜症が疑われます。

月経困難症(げっけいこんなんしょう)

月経困難症は日常生活に支障がでてしまうほどの月経が現れてしまう病気です。

主に生理時に生成され、子宮の収縮を促すプロスタグランジンという女性ホルモンが分泌されすぎてしまうことで発生してしまう機能性月経困難症と、子宮内膜症や子宮筋腫、膣炎、外陰炎などの炎症が原因で発生してしまう器質性月経困難症の2種類に分類されます。

主な症状はお腹のハリや痛み、腰痛、肩こりや吐き気、頭痛、むくみや手足のしびれ、めまい、貧血、のぼせなどで、精神的にもイライラしやすかったり、憂鬱になったり、焦燥感などの症状があらわれる場合があります。

生理時に腰の痛みが強くなったり、日常生活に支障をきたすような月経が現れたり、腰痛以外にも上記のような症状がみられる場合には、月経困難症が疑われます。

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)

子宮筋腫は子宮に筋肉の腫瘍(しゅよう)ができてしまう病気です。がんなどとは違い良性の腫瘍ですが、腫瘍ができる場所や大きさによってさまざまな症状を引き起こすやっかいな病気です。

主な症状は、下腹部のしこりや月経異常、貧血や動悸、下腹部のハリや痛み、腰痛、月経困難症、便秘や頻尿、排尿痛などです。

生理痛が強くなったり、経血の量が多くなったり、その他に腰痛と共に上記のような症状が現れる場合には子宮筋腫が疑われます。

卵巣炎(らんそうえん)

卵巣炎は卵巣に炎症が起こる病気です。卵管炎が原因となって起こる場合がほとんどで、発熱や下腹部の痛み、腰痛などが主な症状です。

腰痛と共におりものの異常(増加、黄色化、悪臭など)が現れる場合、または上記ような症状を伴う場合には卵巣炎が疑われます。

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)

卵巣嚢腫は、卵巣に良性の腫瘍ができる病気です。良性なので命に別状はありませんが、悪性の場合には卵巣ガンとなるため注意が必要です。

主な症状は便秘や動悸、息切れ、胃が持ち上がる感覚などがあります。

腫瘍が小さい時には気づきにくく、腫瘍が大きくなると共に下腹部のハリや下腹部のしこりのようなものが現れてきます。

腰痛と共に上記のような症状、または下腹部のハリや下腹部のしこりなどが現れた場合には卵巣嚢腫が疑われます。悪性の場合もあるので、早めの検査が必要です。

腰の他にも痛い部位がある場合

腰が重い、だるい、痛いと感じる原因を見分ける一つの基準が「腰の他にも痛い部位があるかどうか」です。

次の表のように、腰の他の部位に痛みが出る場合には、次のような病気が疑われます。

主に痛む部位 他に痛い部位 疑われる原因 主な症状
背中あたり 脊椎腫瘍(せきついしゅよう) 背中や首の痛み、手足の感覚障害、筋力の低下、排泄障害など
頚椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニア 首のこりや痛み、目の疲れ、耳鳴り、めまい、手のしびれなど
変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう) 首や肩のこりや痛み、腕の痛みやしびれ、歩行障害など
脇腹 尿管結石(にょうかんけっせき) 血尿、背中から脇腹に強い痛み、冷や汗、残尿感など
脾腫(ひしゅ) 左上腹部や背中の痛み、膨張感、呼吸困難など
帯状疱疹(たいじょうほうしん) 帯状の発疹、水ぶくれ、神経痛のようなチクチクした痛み
単純性腎嚢胞(たんじゅんせいじんのうほう) 腰痛や高血圧、血尿など
水腎症(すいじんしょう) 脇腹から腰、下腹部にかけての痛みや違和感など
腎下垂(じんかすい) 脇腹痛や腰痛、むかつき、嘔吐や食欲不振など

眠れないほどの激痛の場合

「痛さの程度」も腰が重い、だるい、重い原因を見分けるポイントの一つです。

耐え難い激痛の場合には「内臓系の病気」「筋肉・神経系の病気」それぞれ次のような原因が考えられます。

※ただし、このような激痛の場合には、ご自身で対処しようとせず、一度病院に行って診察を受けた方が懸命と言えます。

主に痛む場所 どのタイプの腰痛か 疑われる原因 主な症状
背中から腰にかけて 筋肉・神経系 化膿性脊椎炎(かのうせいせきついえん) 突然の背中から腰にかけての激痛、発熱など
内臓系 解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう) 突然の胸、肩、背中からこしにかけての激痛、湿疹や手足の麻痺など
内臓系 腹部大動脈瘤(ふくぶだいどうみゃくりゅう) 突然の腰、腹、背中の激痛、出血性ショックなど
筋肉・神経系 ぎっくり腰 突然の激しい腰痛
筋肉・神経系 腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア 背中から腰にかけての強い痛み

他の症状を伴う腰痛の場合

腰が重い、だるい、痛い原因を見分ける一番のポイントがこの「他の症状を伴っているかどうか」です。

発熱や腹痛、吐き気、など女性特有の病気の場合や、内臓系の病気の場合には、他の症状を伴うことが多い傾向があります。

腰痛と他の症状を伴う、代表的な原因をいくつかご紹介いたします。

主に痛む場所 伴う他の症状 疑われる原因 主な症状
背中から腰にかけて 腹痛・吐き気 急性膵炎(きゅうせいすいえん) 腹部から背中、肩にかけての激痛、嘔吐、発熱、下痢など
消化性潰瘍(しょうかせいかいよう) 腹痛や胸焼け、吐き気、吐血、貧血、下血など
腎梗塞(じんこうそく) 血尿、腰から背中にかけての痛み、吐き気、嘔吐など
発熱 腎周囲炎(じんしゅういえん) 発熱、腰痛、腎臓の腫れなど
腎盂腎炎(じんうじんえん) 発熱(高熱)、むかつき、嘔吐、全身の倦怠感、腰痛や残尿感など
リウマチ性多発筋痛症(りうまちせいたはつきんんつうしょう) 微熱、首から肩、腰に強い痛み、関節痛、全身倦怠感、体重現象、食欲不振など

腰が重い、だるい、痛いと感じる期間が長い場合

腰が重い、だるい、痛いと感じる原因を見極めるポイントの一つとして「腰が重い、だるい、痛いと感じる期間の長さ」があげられます。

腰痛の期間が長い場合に考えられる原因が「慢性腰痛症(まんせいようつうしょう)」「心因性腰痛(しんいんせいようつう)」です。

腰が痛み始めてから4週間未満であれば、いままでご紹介させていただいた「他の症状」や「痛みの程度」などから原因を探していくのが良いと思われますが、鈍い腰の痛みが3ヶ月以上続いている場合には「慢性腰痛症(まんせいようつうしょう)」もしくは「心因性腰痛症(しんいんせいようつうしょう)」が疑われます。

どちらも腰の鈍い痛みがずっと続くといった症状がみられ、長時間のデスクワークが増えた昨今ではこれらに悩まされている方が増加傾向にあります。

間欠性跛行(はこう)がみられる場合

間欠性跛行とは、一定区間歩くと足の痛みやしびれを生じ歩けなくなり、少し休むとまた一定区間歩けるようになる症状のことです。

間欠性跛行は神経性血管性の2種類に分けられ、神経性は休んでも痛みやしびれが完全には取れないのが特徴です。もし間欠性跛行が疑われる場合には、休んで痛みやしびれが取れるかどうかで神経性か血管性かを見極めましょう。

この間欠性跛行が腰痛と共に見られる場合には次のような病気が疑われます。

主に痛む場所 伴う症状 疑われる原因 主な症状
間欠性跛行 変形すべり症 腰痛、間欠性跛行など
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう) 腰痛、間欠性跛行、足のしびれなど



痛い部位がはっきりしている場合

背中から腰にかけて痛い部位によっても腰が重い、だるい、痛い原因を絞ることができます。

背中から腰にかけての痛みの原因のうち「筋肉・神経系の病気」は姿勢や体の動きによって痛みの度合いが変化します。

例えば慢性腰痛症であれば、寝ている時には腰痛が楽になり、立ち上がったり椅子に座ったりすると腰痛がひどくなる傾向があるなどです。

一方で「内臓系の病気」や「女性特有の病気」の場合には、そういった姿勢や体の動きによって痛みの度合いが変化するということはあまりありません(※中には連動するものもあります)

まずはこの「姿勢や体の動きによって痛みの度合いが変化するか」を見極め、変化をしない場合には、次の表のように痛みの部位によってその原因を絞ることができます。

痛む部位 疑われる原因
背中の右上部周辺 肺炎、肺結核、気管支炎など
背中の左上部周辺 狭心症、心筋梗塞、解離性大動脈瘤、腹部大動脈瘤など
背中の右下部周辺 十二指腸潰瘍、肝炎、腎盂腎炎、腎結石など
背中の左下部周辺 膵炎、膵臓がん、腎盂腎炎、腎結石など
尿路結石、卵管炎、子宮外妊娠、子宮内膜症など

原因不明で、年が50〜60代の場合

腰の重さやだるさ、痛みを感じる原因の一つに更年期障害があげられます。

女性は40代後半から50代の前半にかけての閉経の時期、男性は45歳〜50歳前後の時期のことを更年期といいます。

女性はこの時期に今まで卵巣から分泌されていたエストロゲンというホルモンが閉経により十分に分泌されなくなります。

そのため女性ホルモンのバランスが乱れ、頭痛やめまい、腰痛や動悸、肌荒れやむくみ、手足の冷え、精神的な抑うつ、焦燥感、イライラなど肉体面と精神面でつらい症状がみられます。

これが更年期障害です。男性の場合も同様に加齢によるホルモンバランスの乱れにより、同様の症状がみられます。その症状の一つとして腰痛があげられます。

原因不明の腰痛が続く場合には、更年期障害も腰の重さ、だるさ、痛さの原因として疑われます。

腰がだるい、重い時におすすめの5つの対処法

腰は人間が生活していく上で、上半身の体重を支える重要な部位です。また腰の筋肉や神経だけではなく内臓や他の部位の病気による関連痛の可能性もあります。

そのため、腰が重い、だるい、痛いと感じる場合には、これまでご紹介してきた見分け方によって原因を絞り込み、お医者様の診察を一度受けるようにしましょう。

しかし、腰に痛みが激しくなく「なんだか腰がだるい」「なんだか腰が重い」「なんだか腰が痛い」と言った場合には「腰痛を和らげる栄養素をとる」「腰痛に効くツボを押す」「ウォーキング」「痛む場所を温める・冷やす」「腰痛に効くストレッチ」などで痛みを和らげる効果が期待できます。それぞれ対処法について詳しく解説していきます。

【対処法1】腰痛を和らげる栄養素を取る

腰痛の原因は様々ですが、筋肉や神経の疲れが腰痛となっている場合も多くあります。

例えば、通常は腰痛がないのにもかかわらず、長時間のデスクワークの後に感じる腰痛などはこれに当たる場合が多いと言えます。

このように筋肉や神経の疲れやコリによって起こる腰痛の場合には、筋肉や神経の疲れをとるビタミンB郡、さらに滞った腰回りの血流をよくしてくれるビタミンEといった栄養素を積極的に取ると良いでしょう。

主に筋肉や神経の疲れを取ってくれる働きがあるのはビタミンB1です。また、神経ビタミンとも呼ばれるビタミンB6、B12も合わせて取るように心がけましょう。

栄養素名 期待できる作用 多く含む食材
ビタミンB1 糖質をエネルギーに変えるために必要不可欠な栄養素です。脳や神経の働きを正常に保つ作用が期待できます。 【肉類】豚のヒレ肉・豚もも肉、ハム
【魚介類】タラコ、うなぎの蒲焼
【豆類】大豆
【穀類】胚芽精米ごはん、玄米ごはん
【きのこ類】ひらたけなど
ビタミンB6 たんぱく質の代謝に不可欠な栄養素です。脳の神経細胞間の情報伝達を担う物質の合成を促し、脳や神経の働きを正常に保つ作用が期待できます。 【魚類】マグロ、かつお、サンマ
【肉類】レバー、鶏ひき肉、鶏ささみ
【野菜類】赤ピーマン、にんにく
【穀類】玄米ごはん
ビタミンB12 DNAや赤血球の合成を助け、神経細胞の機能維持、血液の生成に欠かせない栄養素です。脳や神経の働きを正常に保つ作用が期待できます。 【貝類】赤貝、あさり、ほっき貝、しじみ、かき、はまぐり
【魚類】サンマ、ワカサギ
【肉類】レバー(牛・鶏)
【乳類】牛乳、プロセスチーズなど
ビタミンE 各部位の毛細血管の収縮を抑え、拡張を促します。血行を良くし、筋肉の緊張を緩和する作用が期待できます。 【油脂類】ひまわり油、さフラワー油
【種実類】アーモンド、落花生
【魚介類】うなぎの蒲焼き、すじこ
【野菜類】モロヘイヤ、赤ピーマン、菜の花

また、グルコサミンやコンドロイチンなど私たちの軟骨に多く含まれる栄養素や、プロテオグリカンと呼ばれる栄養素も、腰痛に効果が期待され、近年注目されている栄養素の一つです。

栄養素 期待できる作用
グルコサミン 人間の軟骨に多く含まれるコンドロイチンの構成要素の一つです。痛みの元となる関節の炎症を抑える効果が期待できます。関節痛や腰痛対策に近年注目されている栄養素です。
コンドロイチン 人間の軟骨に多く含まれる栄養素です。痛みの元となる関節の炎症を抑える効果が期待できます。また、初期や中期の腰痛には効果が見られたという海外のデータもあるようです。関節痛や腰痛対策に近年注目されている栄養素です。
プロテオグリカン 鮭の鼻軟骨に多く含まれる栄養素です。更年期障害などでプロテオグリカンが不足すると腰痛や関節痛などを引き起こしやすくなるとして、近年関節痛や腰痛対策に効果が期待できると注目されている栄養素です。

腰痛対策としておすすめの食品・サプリメント3選

内臓系や女性特有の病気が原因の腰痛については、その原因となる病気を直すことが、腰の重さやだるさ、痛さを解消する一番の近道ですが、筋肉や神経系、更年期障害などによる腰の重さやだるさ、痛さを抱えている場合には、次のようなサプリメントがおすすめです。

※腰の原因は見分けることが非常に難しいため、激痛の場合や、発熱など他の症状を伴う場合、3ヶ月以上続く慢性腰痛の場合には、一度病院に行った方が良いと言えます。どちらかと言えば疲れなどによって腰の重さやだるさを感じてしまう方にはサプリメントで腰痛や関節痛に良い栄養素をサプリメントで補給するという方法を腰痛対策の1つとして考えても良いと思います。

まず腰痛対策としておすすめのサプリメントが先ほどご紹介したビタミンB1、B6、B12、Eを豊富に含んだ「新ネオビタミンEX『クニヒロ』」です。

疲労回復や神経、筋肉の働きを正常に保つために必要不可欠な栄養素が豊富に含まれているため、腰の重さやだるさ、痛みに効果が期待できます。

60錠タイプ以外にも、140、240、270錠と使い方や使う期間に合わせて柔軟に選ぶことができます。

【第3類医薬品】新ネオビタミンEX「クニヒロ」 60錠
現在の価格を見る

次におすすめなのが、先ほどご紹介したグルコサミン、コンドロイチン、プロテオグリカンすべてを含んだサプリメントです。

腰のだるさや重さ、痛みに効果が期待できます。1、3、6、12ヶ月分とそれぞれ使いたい期間によっても選ぶことができ、値段も同系統のサプリメントと比較してリーズナブルなので気軽に腰痛対策を始めやすいという点でもおすすめです。

Ⅱ型コラーゲン配合グルコサミン+プロテオグリカン&コンドロイチン(鮭由来)+MSM(約3ヶ月分/270粒)
現在の価格を見る

【対処法2】腰痛に効くツボを押す

栄養素だけではなく、ツボを押すことも腰の重さ、だるさ、痛みの解消効果が期待できます。
次のページに腰が重い、だるいと感じた時に良いとされるツボや押し方などごご紹介していますので、合わせてお読みください。

【対処法3】ウォーキング

ウォーキングも腰痛対策としては効果的だとされています。長時間のデスクワークや立ちっぱなしの仕事、家事などでこった筋肉をウォーキングによって動かすことで、解消することが期待できます。

また、ストレスなど精神面での疲れなどが腰のだるさとなって現れる場合も多いため、ウォーキングは「気持ちがスッキリする」という点でもおすすめの対処法の1つです。

毎日続けるのが難しいという方は、通勤や通学など、絶対に毎日行うことに紐づけてやると無理なく続けられます。例えば1駅前で降りて歩くなど、工夫次第で続けられるので、そういった点でもおすすめです。

※痛みで歩けない場合や、内臓系、女性特有の病気などが原因の場合には無理にやるとかえって腰を痛めてしまうので、やめましょう。

【対処法4】痛む場所を温める・冷やす

腰の重さ、だるさ、痛みを和らげる効果が期待できる1つの方法として、腰の痛む場所を温める、冷やすという方法があります。

「急な腰の痛み」で、筋肉や関節が炎症を起こして熱を持ってしまっている場合には、炎症を抑える意味で腰を冷やし、疲れなどによる慢性疲労などは血行をよくする意味で逆に温めると良いと言われています。

冷やす、温める方法は、ホッカイロやドライヤー、ホットパック、コールドパック、氷水などご自身がやりやすい方法で行うのが一番良いと思います。

中でも、手軽に使えて、すぐに温めたり、冷やしたりできるおすすめな商品が「めぐりズム蒸気の温熱シート」と「アイスノンソフト」です。
「めぐりズム 蒸気の温熱シート」は腰に直接貼ることができ、40℃程度でじっくりあたためてくれます。開けたらすぐに温まるので便利です。

めぐりズム 蒸気の温熱シート 16枚入
現在の価格を見る

「アイスノンソフト」は冷凍庫で冷やすものですが、冷凍庫では冷えすぎてしまうため、冷蔵庫で冷やしておくとちょうど良いと思います。

氷水などではかえって冷えすぎてしまうため、この商品のようなコールドパックを冷蔵庫であらかじめ冷やしておき、もしも急な熱を持った痛みが現れた場合には、この商品をあてて10分程度冷やすようにしましょう。

そうすることで、痛みを和らげる効果が期待できます。

アイスノンソフト
現在の価格を見る

また、温める、冷やす、またはその他に様々なことに応用できるグッズとして「湯たんぽ」があります。

温水を入れて温めることや、冷水を入れて冷やすこともできるので、1つ持っておくと色々なことに応用が可能です。おすすめの湯たんぽの選び方について次の記事でも詳細に解説しておりますので、ぜひ、合わせてお読みください。

【対処法5】腰痛に効くストレッチ

ストレッチも腰痛対策としては有効とされています。

しかし、実際にどのようなストレッチをすれば良いかは、痛みの度合いなどによっても変わってきます。例えば痛みがひどい場合にストレッチをしてしまうとかえって逆効果になってしまうこともあります。

そのため、今回は疲れなどからくる腰痛におすすめの体操をご紹介いたします。

これは、腰痛持ちの当サイトの管理人も毎日行なっているストレッチですので、ぜひみなさんも試してみてください。

「膝倒し」と呼ばれる簡単な体操ですが、私の場合には、痛みが和らぎ楽になるので、続けています。ものの1〜2分でできてしまうので、仕事帰りやお風呂上がりなど、また朝起きた時に試してみてはいかがでしょうか。

[youtube id=-jfu_c4Cqos]

ちなみに、腰の重さ、だるさがひどい場合には、この「膝倒し」を腰と床の間にクッションや枕、湯たんぽなどをはさんで行なっています。こちらも合わせて試してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

腰の重さ、だるさ、痛みを引き起こす原因は女性特有、内臓系の病気、筋肉や神経の不調、更年期障害など実にさまざまです。そのため原因を突き止めることが難しいモノの一つです。

この記事によって原因を確定することは難しいと思いますが、今回の記事を読んで「もしかしたらこの病気かもしれない」「こういった腰の不調が原因かもしれない」と少しでも原因の究明の参考になれば幸いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*