NO IMAGE

ふくらはぎがだるい、重いと感じる原因とその対処法とは?

「ふくらはぎがだるい」「ふくらはぎが重い」と感じてしまう原因は主に冷えやむくみ、疲労などによる血行不良が原因で起こります。しかし、実はその他にもそれは、重大な病気であるというサインである可能性もあります。

中にはふくらはぎのだるさに日々悩んでいたり、夜眠れないなんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんなふくらはぎがだるい、重いと感じてしまう原因と対処法・解消法についてご紹介いたします。

[toc]

ふくらはぎがだるい、重い原因とは?

足は第2の心臓と呼ばれ、血液の循環に大きく関わっている箇所です。心臓から押し出された血液は足まで届き、そこから重力に逆らいながら上半身に循環していきます。

心臓から一番遠い場所まで血液を運ばなければならないため、血圧が低くなってしまったり、体のどこかの血行が悪くなるだけで、血液が足に届かなかったり、上半身に血液を押し戻すことが出来ずに詰まってしまったり、足にさまざまな影響が現れます。結果として、ふくらはぎがだるい、重いと感じてしまうという訳なのです。

そのため、ふくらはぎがだるい、重い症状は血行不良が原因でおこっている場合がほとんどです。しかし、中には下肢静脈瘤と呼ばれる病気よってもふくらはぎがだるく、重く感じる場合があります。血行不良を含め主に次の2つの原因によってふくらはぎのだるさ、重さを引き起こしています。

  • 血行不良
  • 病気

ではそれぞれ、どのような症状が出てくるのか、また症状が出てしまうメカニズムについてご紹介いたします。

血行不良

先ほどご紹介したとおり、足は第二の心臓と呼ばれているほど、血液の循環にとって重要な部位です。また下半身には全身のおおよそ70%以上の血液が集中しています。

そのため、ふくらはぎは、ちょっとした原因によって血行が悪くなりやすい部位であり、またこの部位が血行不良になることで心臓をはじめさまざまな部位に悪影響を及ぼします。

そんなふくらはぎが血行不良となった時に足のだるさや重さなどの症状となって現れてくるのです。そんな第二の心臓、ふくらはぎの血行不良は次の①〜⑤ように、さまざまな原因によって引き起こされます。

①足の筋肉疲労

筋肉疲労により、足の筋肉が収縮してしまい、筋肉によって血管やリンパ管が圧迫されて血行不良となる。

②低血圧

低血圧ということは血液を送る力が弱いということです。そのため、血液が足の先端まで行かない、もしくは血液を上半身に押し戻す力が弱くなり足に血液が溜まりやすくなる。これが、むくみや冷え性につながり、さらに血行不良を悪化させてしまう。

③運動不足

筋肉量が低下し、筋肉が血液を循環させるポンプの役割を果たせなくなってしまう。また筋肉が収縮しやすいため、血行が悪くなりやすい。

④長時間のデスクワーク

長時間足を動かさないと、足の筋肉が収縮してしまい、筋肉によって血管やリンパ管が圧迫されて血行不良となる。

⑤更年期障害

更年期障害とは、女性は40代後半〜50代前半の時期、男性は45歳〜50代前後の時期に起こりやすい、肩こりや動悸、疲れやすさなどの症状のことです。

加齢により、筋力低下やカルシウムやマグネシウムなど栄養素を吸収しにくくなることから、筋肉に貯まった疲労物質を上手く体外に排出できなくなることから、血行不良を招いてしまいます。

また、女性に限っては、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が減少し、自律神経が乱れてしまいます。これが原因となり、血行不良を招くことがあります。

ーエストロゲンと自律神経の関係とは?ー

エストロゲンは別名「卵胞ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンの一種です。女性の生理後から排卵日までの間(卵胞期)に分泌されます。

エストロゲンには子宮や卵巣の活動を活発にする働きだけではなく、女性の自律神経を正常に保つ働きを持っています。そのためエストロゲンの分泌が減少してしまうと、その分自律神経も乱れてきてしまうのです。

⑥貧血

貧血により、流れる血液の全体量が減ってしまうため、血行不良となってしまいます。

⑦肝臓の機能低下

肝臓は消化器官から吸収した血液が一度集まる臓器です。肝臓により血液の流れや血液内の毒素の排出などが行われます。意外と知られていませんが、肝臓は血液の循環にとって非常に大きな影響を及ぼす臓器なのです。

肝臓の機能が低下してしまうと、血液の流れが乱れてしまったり、毒素を排出することができなくなってしまうため、血行不良を誘発してしまいます。

なぜふくらはぎが第二の心臓と呼ばれるのか?

医師の石川洋一氏が脱水症状の患者を治療した際の偶然の発見がきっかけで、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるようになりました。石川医師が脱水症状の患者の静脈にブドウ糖などの薬品を注入するために点滴を投与しようとしたところ、点滴が思うように落ちていかなかったのだそうです。

何とか点滴を落とそうと体を動かした際に患者さんの足が異様に冷たいことに気づきます。そこで無意識のうちに患者さんの足のふくらはぎのあたりをさすっていたところ点滴が落ちるようになったのだそうです。

また冷たいだけではなくふくらはぎのあたりが特に固くなっていたことから、その部位を手でもんだりさすったりしている内に患者の顔色は徐々に回復し、また点滴も以前にもまして落ちるようになったのだそうです。

このような偶然の発見から、石川医師はふくらはぎの研究を続け、心臓は新鮮な酸素や栄養素を体中に送るポンプであり、ふくらはぎが老廃物などを含んだ汚い血液を心臓に戻すためのポンプの役割をしていることを発見したのです。この発見がきっかけとなり「ふくらはぎは第二の心臓」と呼ばれるようになったのです。

ふくらはぎがだるい、重いと感じる病気とは?

ふくらはぎのだるさや重さを伴うのは、下肢静脈瘤と呼ばれる病気です。下肢静脈瘤とは、足に血液が溜まってしまい、足の血管が紫色に変色してしまったり、コブのようにふくらんでしまう病気です。そのほとんどはふくらはぎに発生します。

下肢静脈瘤の原因は、長時間の立ち仕事や遺伝、または出産などの影響でふくらはぎの血管の弁が壊れてしまうことです。足から上半身に送られる血液の逆流を防ぐため、ふくらはぎの血管には逆流防止の弁がついています。この弁が壊れてしまい、血液が逆流して足に溜まってしまうと、下肢静脈瘤となってしまいます。

命にかかわるほどの重大な病気ではありませんが、特に昼から夕方にかけてふくらはぎの部分にだるさや重さを感じやすくなり、何もしないまま放おってくことで潰瘍など重症になってしまうことがまれにあります。

また、男性に比べて女性に起きる可能性が高いため、次のような症状が続く場合や耐えられないほどのだるさ、重さを感じたり、コブや変色をしてしまっている場合には、一度お医者様に診て頂いた方が良いかもしれません。

  • ふくらはぎのだるさを感じる
  • ふくらはぎがむくみやすい
  • ふくらはぎが紫色に変色している
  • ふくらはぎがつりやすい

女性がふくらはぎのだるさ、重さを感じやすい理由

一般的に男性に比べて女性のほうが、ふくらはぎのだるさや重さを感じやすいと言われています。その最大の理由が「筋力が少ない」ことです。

ふくらはぎの筋肉の絶対量がもともと男性より少ないため、女性のほうが血行不良になりやすく、さらには下肢静脈瘤などの病気もしやすいのです。

また、男性にはない生理や妊娠、出産、または更年期に起きる閉経などの影響により常にホルモンバランスが変化している女性は、自律神経などを乱すリスクが男性に比べて多く、血行不良になりやすいと言われています。冷え性やむくみなど血行不良によって引き起こされる症状が女性に多いのもこのためです。

ふくらはぎがだるい、重い時の対処法とは?

ふくはぎがだるい、重いと感じる主な原因が血行不良です。血行不良はこれまでご紹介してきたとおり様々な原因によって起こります。

そのため、一時的にふくらはぎのだるさや重さを解消する方法を実践しながら、長期的にふくらはぎがだるく、重くなりにくくする予防法も実践していくことが大切です。ここでは「一時的な対処法」と「長期的な予防法」の両方をご紹介いたします。

ふくらはぎのだるさ、重さで眠れない時の一時的な対処法

ふくらはぎのだるさや重さは、血行不良が主な原因です。そのため、ふくらはぎのマッサージや血行を良くするツボを押す、または血行を促進するために温めたりすることが有効だと言われています。

次の動画は「むくみ解消」を目的としたマッサージですが、マッサージ方法や血行がよくなるツボについて解説付きで分かりやすいため、ぜひこのマッサージ方法を試してみてください。

[youtube id=kaG32WOTA0E]

ふくらはぎのだるさ、重さの予防法

マッサージやツボ押し、温めなど一時的な対処によりふくらはぎのだるさ、重さは改善が期待できますが、根本的な原因を解消していかない限り、また再発してしまいます。足のだるさ、重さを予防する方法としては、適度な運動により筋力をつけることが有効です。

毎日15〜30分程度のウォーキングや、お風呂上がりのストレッチなど時間を見つけて、出来る限り毎日継続的に運動を行いましょう。筋力がつくことで、よりふくらはぎの筋肉のポンプ機能が向上し足のだるさや重さを予防する効果が期待できます。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど、血液の循環にとって大切な部位です。もしふくらはぎがだるくなった場合には、血行を良くするマッサージやツボ押しなどを行い解消しつつ、毎日運動する習慣をつけて、血行が悪くなりづらい、つまり足がだるく、重くなりづらい生活を心がけていくことが大切です。

寝起きに足や体がだるいと感じる原因とは?

◉パーマリンク
http://karadaru.com/timing/solve-heavy-legs-body-in-morning

睡眠がしっかり取れいているにもかかわらず、寝起きに足や体がだるいと感じた経験はありますか?

寝起きのだるさは、出勤がいつもギリギリになってしまったり、なかなか活動し始めることが出来ずに他の人に迷惑をかけてしまったり、日々の生活にさまざまな障害が出てきます。

また、中には「何かの病気なのでは?」と心配してしまう方もいらっしゃると思います。

一体なぜ、しっかり寝ているにもかかわらず、寝起きにだるいと感じてしまうのでしょうか? ここではそんな寝起きに足や体がだるいと感じてしまう原因や、メカニズム、そして寝起きのだるさを和らげるための対処法をご紹介いたします。


[toc]

約9割以上の人が「寝起きが悪い」現状

睡眠と寝起きに関する実態調査委員会が20代〜50代の男女500名に対して行ったアンケート調査によれば、全体の約70%以上の方が「良い睡眠がとれている」と感じているようです。

また、大体の方が「良い睡眠がとれている」と感じているのにもかかわらず、程度にはよりますが、全体の90%以上の方が「寝起きが悪い」と感じているようです。

また、睡眠の同調査の中で、睡眠の悩みでもっとも多かったのが「寝起きのだるさ」や「寝起きが悪い」など寝起きに関する悩みでした。「途中で目が覚める」「なかなか寝付けない」「その他」などをのぞけばその殆どが寝起きに関する悩みです。

(※引用元:睡眠と寝起きに関する実態調査委員会「アンケート調査」より LINK

一体なぜ寝起きに体がだるいと感じてしまう方が多いのでしょうか? その原因と対処方法についてご紹介いたします。

寝起きに体がだるいと感じる6つの原因と対処法

寝起きに体がだるいと感じる原因は「病気に起因するもの」「それ以外のもの」に大きく分けられます。次のような場合には、自分で対処しようとはせず、一度お医者様に診ていただいた方が懸命だと思います。

  • 発熱がある場合
  • 激しい吐き気や頭痛を伴う場合
  • 寝起きだけではなく、だるさが1日中、または毎日続く場合

病気が原因の場合以外では、次のような5つの原因が考えられます。

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠の質の低下
  • 水分不足
  • 生活リズムの乱れ
  • 過度なストレス

寝起きの体のだるさの対処法

寝起きの体のだるさは病気が起因するもの以外は次のような対処方法で、解消することが期待できます。それでも体のだるさが解消されなかったり、発熱や吐き気、頭痛などを伴う場合には一度お医者様に診てもらった方が良いかもしれません。

  • 寝る前のストレッチ
  • 朝のストレッチ
  • 熱いシャワーを浴びる
  • 睡眠の質の向上

寝起きに足がだるい人が注意すべき病気の可能性

寝起きに体ではなく、下半身や足、中でもふくらはぎにピンポイントでだるさを感じてしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか? 実は寝起きに足がだるいと感じるのは、次のような病気が原因である可能性もあります。

  • 下肢静脈瘤
  • 更年期障害
  • 貧血
  • 肝臓の病気

それぞれの原因には、足のだるさに特徴がありますので、自分自身の状況とくらべて、判断の参考にしていただければ幸いです。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは、足に血液が溜まってしまい、足の血管がこぶのようにふくらんでしまう病気です。そのほとんどが足のふくらはぎの部分におこります。

命に関わる病気ではありませんが、寝起きの足のだるさやむくみなどを感じやすくなります。また、何の対処もしないままに放っておくと、まれに潰瘍など重症になることがあります。

下肢静脈瘤になってしまう大きな原因が、血液の逆流を防ぐ弁が壊れてしまうことです。足に血液を循環させるためには、足首からふくらはぎ、太ももと重力に逆らって血液を送る必要があります。この血液の逆流を防いでくれるのが「弁」の役割です。

しかし、長時間の立ち仕事や遺伝、出産などの影響で「弁」が壊れてしまうと、血液が逆流して足にたまってしまい、紫色に変色したり、こぶのようになったりします。これが下肢静脈瘤です。下肢静脈瘤は、主に次のような症状が現れます。

  • ふくらはぎがむくむ
  • ふくらはぎがだるい
  • ふくらはぎが紫色に変色してくる
  • ふくらはぎがつりやすい

また特徴として、足に血液が溜まって起こる病気であるため、朝だけではなく昼や夕方にかけてその症状が強くなってくるのが最大の特徴です。また、男性に比べて女性に起きる可能性が非常に高い病気なので、寝起きに足がだるいと感じた方は、この病気を疑って見ても良いかもしれません。

命に関わる病気ではないため、よほどの変色や、こぶ、または耐えられないほどのだるさなどを感じる場合以外には、マッサージなどで様子を見ながら判断していくと良いでしょう。

更年期障害

更年期障害によっても足がだるく感じる場合があります。一般的に女性は40代後半〜50代前半の閉経の時期のことを、また男性の場合は45際〜50代前後の時期の事を更年期と呼びます。この更年期にはだるさや肩こり、動悸、疲れやすいなどさまざまな障害が現れることが多く、これを更年期障害と呼びます。

更年期障害による足のだるさの主な原因は「筋力低下」と「ホルモンバランス」、またカルシウムやマグネシウムといった栄養素の不足です。更年期になると目に見えて、筋力低下するため、足の血行が悪くなります。足の筋肉は”第2の心臓”と呼ばれており、足を動かし、筋肉が伸び縮みすることにより血液を足から体に送る役割を担っています。

これが低下することで、ポンプの役割を十分に果たせなくなり、血液が足にたまってしまいます。結果的に足にだるさを感じてしまいやすくなるのです。特にもともと足の筋肉量の少ない女性がこの「足のだるさ」を感じてしまいやすい傾向にあります。

また、カルシウムやマグネシウムなどが吸収されにくくなり、筋肉に溜まってしまった疲労物質を排出することができなくなってしまいます。それにより血行不良を招いたり、筋肉の疲労がとれにくくなり「寝起きに足がだるい」と感じてしまう方もいらっしゃるようです。

これは女性に限ったことですが、更年期に女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が少なくなり、自律神経などに影響が出てきます。それにより、血行不良や疲れが取れにくなどの症状が現れてきます。その結果として、足のだるさに繋がってしまうのです。

エストロゲンとは?

エストロゲンとは、卵巣から分泌される女性ホルモンの一種です。排卵に大きく関わる女性ホルモンとして知られています。エストロゲンが脳の司令によって分泌されると、下垂体から黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンの分泌により卵胞は破れ、卵子が排出されます。これがいわゆる排卵です。

エストロゲンはこのように子宮や卵巣の活動を活発にする働きがあるだけではなく、女性の自律神経のバランスを保つ働きをもっています。

エストロゲンと自律神経の関係

通常、脳からの司令によってエストロゲンを分泌することができます。しかし、更年期になると卵巣自体の機能が低下してしまうため、エストロゲンが十分に分泌することができなくなってしまうのです。

エストロゲンが十分に分泌されないため、脳は「エストロゲンを分泌しろ」と司令を送り続けます。しかし、卵巣は十分なエストロゲンが分泌することが出来ません。それにより、脳はパニックに陥ってしまいます。

この司令を出している脳の「視床下部」はいわゆる自律神経やホルモン分泌をコントロールする場所であるため、ここがパニックになってしまうと、自律神経も乱れてきてしまいます。そのため、いわゆる更年期障害と呼ばれる症状が現れてきてしまうのです。

貧血

貧血になると、十分な量の酸素を心臓を始め体にとどけることができず、体中が酸欠状態に陥ってしまいます。特に心臓が酸欠状態になると、血液を体内に送る力が弱くなり、手や足などの末端部分に血液を届けることが十分にできなくなります。

特に足については、重力に逆らって血液を送り返す必要があるため、心臓のポンプ力が弱くなると、足元に老廃物などを含んだ汚い血液が溜まっていってしまいます。

これがむくみや冷え症の原因となり、足のだるさにつながってきてしまいます。特に女性は、生理などの影響で、貧血になりやすいため、十分に注意した方が良いかもしれません。

肝臓の病気

足のだるさを疲労では説明がつかないくらい感じる場合には、肝臓の機能低下が原因である場合があります。実は肝臓は血液の循環にとって大切な働きを担っている臓器であり、この機能げ低下することで、足の静脈血がうまく循環することができずに溜まってしまいます。

静脈血とは、体中の老廃物を含んだ汚い血です。それが足に溜まってしまうことで、足のむくみや、下肢静脈瘤などの病気を引き起こしてしまいます。

特徴としては、非常に耐え難い足のだるさを感じることです。寝起きだけではなく一日中、もしくはずっと足のだるさを感じている場合などは肝臓の機能低下が原因である可能性があります。

肝臓は痛みがないことから「沈黙の臓器」として知られています。このような症状がある場合には、比較的軽症の時に一度お医者様に診ていただいた方が懸命かもしれません。

寝起きに足や体がだるいと感じるのは、もしかしたら病気のサインかもしれません。体や足のだるさが耐え難いものであったり、寝起きだけではなくずっと続いたり、発熱や吐き気、頭痛などを伴う場合には自分で対処しようとせずに、お医者様に一度診ていただいた方が良いかもしれません。また、本サイトには長期的に体のだるさを予防する生活などを推奨しているので、ぜひ次の記事の方法もお試しください。
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!