低気圧になると体がだるい!考えられる原因とは?対処法や予防法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、雨の日になると次のような症状に悩まされたことはありませんか?

「体がだるい」

「頭が痛い」

「関節が痛い」

 

雨になると、気温や湿度、それに気圧などの環境が変化します。

環境の変化で、体がだるくなったり、痛みがでたりするのを「気象病」といいます。

 

 

昔から、天気と痛みの関係は知られていました。

その一方で、その仕組みは明らかにされていませんでした。

 

そのため、「気象病」で苦しんでいる人達は、周囲の理解が得られず、学校を不登校になったり、会社を辞職せざるをえなかったそうです。

 

しかし、今では「気象病」が、気温、湿度、気圧が変化することで発症することは分かっています。

気象病の中でも、最も影響の大きいのが気圧です。

 

そこで今回は、なぜ低気圧が原因で、体調がくずれるのか、また、その対処法や予防法についてまとめて解説します。

 

気圧変化が急なほどひどくなる!?気象病の主な症状とは?

 

気圧は、天候によって日々変動しています。

あなたの気付かないところで、体は気圧の変動に適応しているのです。

 

しかし、気圧の変動が適応範囲を越えてしまうと、体にさまざまな影響を及ぼします。

人により影響の現れかたは異なりますが、主に次のようなものです。

 

  • 体がだるい
  • 頭が痛い
  • 関節が痛い

 

これ以外にも、耳鳴り、アレルギー、精神的な落ち込みなどの症状もあります。

なかには、心筋梗塞などの重篤な病気の引き金になることもあるので注意が必要です。

 

 

気圧の変化が大きいほど、体の適応範囲から大きく外れ、症状もひどくなります。

気圧の変化の大きい時期としては、梅雨のころや台風が上陸するころです。

この時期は、「気象病」の症状の有る方は、十分注意してください。

 

低気圧で体がだるい!考えられる3つの原因

「気象病」で体調が崩れる原因として、つぎの3つが考えられます。

 

【原因1】 自律神経の乱れ

【原因2】 ヒスタミン分泌の増加

【原因3】 天候の悪化によるセロトニン分泌の減少

 

それぞれの原因について、詳しく説明します。

 

【原因1】 自律神経の乱れ

 

自律神経とは、心身の機能をコントロールする神経です。

これらは、自分の意思とは関係なく、自分の体を守るために無意識に反応します。

 

例えば、次のような反応は自律神経によりコントロールされたものです。

 

  • ご飯をたべると、胃で消化して、必要な栄養素を腸で吸収する。
  • 走ると、脈拍や呼吸が高くなり、体温の上昇を防ぐために汗をかく。
  • ビックリすると、心臓がドキドキして、手の平に汗をかく。

 

 

自律神経は、交感神経と副交感神経からなり、交感神経は活動するときに働き、副交感神経は休息をとるときに働きます。

この2つの神経は、シーソーのようにバランスをとりながら、どちらかが優位に働くのですが、バランスが乱れ始めると「気象病」の原因となります。

 

 

では、なぜ気圧の変化で自律神経は乱れるのでしょうか。

 

それは「内耳」と言われる、中耳よりもさらに内側の骨に埋まった器官で、聴覚と体のバランス(平衡感覚)に関係する感覚装置です。

内耳は、気圧の変化を感じることと同時に体のバランス(体幹)を感じる部分でもあります。

 

そのため、「気圧が下がった」と内耳が感じたことを、「体のバランスが崩れた」という情報に変えてが脳に伝えてしますことがあります。

しかし、実際には体のバランスは崩れていませんので、目から脳に伝わる情報は「体のバランスは崩れていない」です。

 

そうすると、脳には内耳からと目からと異なった情報が届くことになり、脳は混乱してしまい、非常事態に備えるために活動するための交換神経を働かせます。

 

一方、気圧が下がることで体にも変化が現れます。

気圧とつりあっていた体の内圧が、気圧の低下に対応できずに、体の内圧が高まったままになってしまいます。

具体的には、血管が膨張し血圧が下がってしまうのです。

 

また、気圧が下がると同時に天候が崩れることが多く、外は暗くなりがちです。

暗くなると脳は夕方だと判断して休息の準備を始めます。

 

いずれも、副交感神経が優位に働く変化なのです。

 

このように、気圧が下がることによって、交感神経と副交換神経のバランスを取ることが難しくなり、自律神経が乱れてしまい「気象病」が発症します。

 

【原因2】 ヒスタミン分泌の増加

最近の研究で、気圧の変化でヒスタミンが分泌されることが分かりました。

 

ヒスタミンは、花粉などの異物をとりこんだとき(外部刺激)に、それを排出するために分泌される化学物質の一つです。

花粉症などのアレルギー反応は、ヒスタミンなどの物質が過剰に分泌されたときに起こります。

 

気圧の変化によるヒスタミン分泌の詳細なメカニズムは分かっていません。

しかし、気圧の変化を外部刺激だと認識し、花粉症と同じメカニズムで分泌されるようです。

 

 

ヒスタミンの過剰な分泌は、次のような症状を引き起こします。

  • アレルギー症状のような、鼻水、くしゃみ、かゆみ、関節の痛み。
  • 血管が拡張し、さらに血圧が下がる。
  • 血液から水分がにじみ出て、むくみが増す。

 

【原因3】 天候の悪化によるセロトニン分泌の減少

どんよりとした天気だと、それだけで気分は沈みませんか?

 

それは、「セロトニン」と呼ばれるホルモンが影響しているからです。

セロトニンは、“幸せホルモン”と呼ばれ、精神を安定させる働きがあります。

 

セロトニンは、目に光を受けることで分泌されます。

しかし、天気の悪い日には、十分な光を受けることができず、セロトニンの分泌は減少してしまうのです。

 

曇りの日の光の量は、晴れた日の10分の1に減少してしまします。

そのためセロトニンの分泌が減少することで、気持ちが落ち込んでしまうのです。

 

こうして、気象病の症状が悪化します。

 

こんな人は低気圧でだるいと感じやすい

次のような人は、気圧の変化の影響を受け易いので、特に注意が必要です。

 

  • 乗り物酔いをしやすい人
  • 女性、特に40~50代の更年期の女性

 

それぞれについて、詳しく説明します。

 

乗り物酔いをしやすい人

 

乗り物酔いは、「内耳」の平衡感覚と「目」から入る周りの景色からの情報が合わないときに、脳が混乱して起こります。

実際に乗り物に乗っていなくても、大画面の映画やVRなどで景色が動いたりすると、乗り物酔いになるのはそのためです。

 

気圧の変化も「内耳」で感じています。

そのため、内耳の感覚が狂い起こる気象病と、乗り物酔いは同じメカニズムで発生すると言われます。

 

つまり、気圧変化による体調不良は、内耳の感覚に敏感である乗り物酔いしやすい方のほうが起こりやすいのです。

 

気象病の方で乗り物酔いしやすい方は、「乗り物酔いの薬」が効くこともあるそうです。

気象病の症状がでたら、服用してみるのもよいと思います。

 

女性、特に40〜50代の更年期の女性

気象病に注意が必要な方は、40〜50代の更年期の女性です。

ちょうどこの年代の女性は「エストロゲン」の減少によって、自律神経が乱れやすくなっています。

いわゆる更年期障害の症状を起こしやすくなっているのです。

 

気象病も更年期障害と同じように、自律神経の乱れを引き起こす原因になります。

 

よって、40〜50代の更年期の女性は、気象病によって症状をさらに悪化させることになるので、注意が必要です。

 

低気圧でだるくならないためにおすすめの予防法

気象病は、気圧の変化で自律神経が乱れることが主の原因です。

そのため、普段の生活から自律神経を安定させることが、一番の予防法となります。

 

では、自律神経を安定させるにはどんなことをすれば良いのか、その方法について説明します。

 

【方法1】規則正しい生活

私たちの体には「体内時計」があります。

 

体内時計は、体温やホルモンの分泌のリズムに影響します。

そのため、体内時計の乱れは、体温やホルモンの分泌をコントロールしている自律神経を乱すのです。

 

体内時計のリズムを整えるためには、睡眠や食事などの時間を規則正しくとって下さい。

 

 

起床時に朝日を浴びることも、体内時計を整えるよい方法です。

朝の光が目に入ると体内時計がリセットされます。

朝目を覚ましたら、カーテンを開けて積極的に朝日を浴びたり、部屋を明るくしたりしてください。

【方法2】入浴

入浴に関して、次のような経験をされていると思います。

 

  • お風呂に入って温まると、1日の疲れがとれる。
  • 頭痛や関節の痛みが和らぐ。

 

夜になっても、昼間の仕事、家事、勉強で、交感神経が優位な状態にあります。

入浴によって、交感神経を鎮め、リラッックスした状態で睡眠に入ることで自律神経を整えます。

 

ここでは、気象痛の原因である自律神経の乱れを、入浴によって整える方法をご紹介します。

 

お風呂の温度は、38〜40℃の少しぬるめが良いとされています。

ぬるめのお風呂で体の芯まで温まると、副交感神経が優位になり、落ち着いた気分になるのです。

 

さらに、腰まで浸かる半身浴も組み合わせると、体への負担が少ない状態で暖まることができるので、より効果的があります。

心臓に負担のある方は、上半身をつけると水圧で心臓に負荷がかかりますので、下半身浴がオススメです。

 

次に、お風呂に入る時間は、寝る2時間前を目安にしてください。

お風呂から上がると、体は上がった体温を下げようとします。

すると眠りにつくときには、体温が十分に下がっており、熟睡できるようになるのです。

 

42℃を超える熱いお風呂が好きな方もいらっしゃいます。

熱いお風呂が好ましくない理由は、体の表面の温度が高くなり、交感神経が刺激されてしまうからです。

また、お風呂から上がっても体温が下がるのに時間がかかってしまい、入眠の障害になってしまいます。

 

気象病予防のためには、38〜40℃の少しぬるめのお風呂でゆっくりあたたまることを試して下さい。

 

【方法3】腹八分目の食事

自律神経を整えるには、睡眠が重要です。

ただ長い時間寝るのではなく、眠りの質もよくする必要があります。

 

睡眠の質を落とす一つの要因に食べ過ぎがあります。

昔から「腹八分目に医者いらず」ということわざがあるように、満腹まで食べるのではなく、腹八分目に控えて下さい。

 

なぜ満腹まで食べてしまうと睡眠に影響するのでしょう?

 

食べ過ぎた余分な食べ物を消化するので、胃腸は疲れてしまいます。

また、消化に余分な時間が掛かります。

夕食で食べ過ぎてしまうと、寝ていても胃腸は働き続けるため、睡眠の質は低下してしまうのです。

 

では、腹八分目に抑えるにはどうすればよいのでしょうか?

通常は、食事後20分ほどすると血液のなかの血糖値が上がり始め、満腹中枢が働き食欲が落ちます。

そのため、はやく食べてしまうと食欲が落ち着いたときには、もう満腹になっているのです。

よく噛んでゆっくり食べることで、満腹中枢が働くのを待つことができます。

1口で30回、できれば50回噛むようにしてください。

 

これで、体が必要としているだけの食事を摂ることができます。

睡眠の質も向上し、ダイエットにも効果があって一石二鳥です。

 

【方法4】適度な運動

 

運動によって交感神経を刺激して、自律神経の乱れを整えましょう。

 

運動によってストレスが解消できると言われています。

それは、運動によって交感神経が刺激されると、三大神経伝達物質とよばれるホルモンが分泌されるからです。

 

三大神経伝達物質とは、次の三つです。

  • 喜びのホルモン「ドーパミン」
  • 怒りのホルモン「ノルアドレナリン」
  • 幸せのホルモン「セロトニン」

 

これらのホルモンは感情や精神面だけでなく、記憶や運動機能にも深く関わっています。

運動は、これら三大神経物質の分泌に刺激をあたえる良い方法なのです。

 

 

今まで、運動の習慣の無い方には、ウォーキングをお勧めします。

1日30分、およそ8000歩が目安です。

 

日数を開けないで、できるだけ毎日続けることで心体を改善することができます。

 

【方法5】呼吸

 

呼吸は自律神経でコントロールされています。

運動したとき呼吸は速く、緊張したとき呼吸は浅くなるのはそのためです。

 

しかし、呼吸は意識的にコントロールできます。

呼吸をコントロールすることで、自律神経に影響を及ぼすことができるのです。

 

自律神経を整える呼吸の方法は次の通りです。

 

  • 姿勢を正す

姿勢を正すことで呼吸がスムーズにできるようになります。

  • 体の力を抜く

慣れないうちは難しいかもしれませんが、意識して行って下さい。

  • 複式呼吸で深くゆっくり呼吸する

腹式呼吸は息を吐くことから始めます。

おなかを凹ませながら吐きますが、横隔膜は下にさげるイメージです。

息を吸うときは、なすがままにまかせます。

 

決して無理をしないで、少しずつ続けてください。

 

低気圧でだるくなりにくい体づくりと生活習慣が大切!

気圧の変化が体へおよぼす影響は、自分で感じている以上に大きいものです。

普段は、無意識のうちに自律神経がバランスをとりならが適応してしまいます。

 

しかし、自律神経で調整できない大きな気圧変化があると、「気象病」が発症してしまいます。

だからといって、天気を変える術を我々は持ち合わせていませんし、嫌だと言ってそこから逃げることもできません。

 

それなら、低気圧でもだるくなりにくい体づくりを始めませんか。

自律神経の調整能力を上げれば、「気象病」だけでなく、他の病気からの抵抗力も向上します。

 

まずは、次の5つのポイントに気をつけて日常の生活習慣を見直してみませんか。

 

  • 規則正しい生活
  • 入浴
  • 腹八分目の食事
  • 適度な運動
  • 呼吸

 

特別な用具も施設も必要ありません。

今日から始めて、低気圧でもだるくならない体を手にいれましょう。

 

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*