37℃〜38℃程度の微熱が続く時には、風邪やインフルエンザなどの感染症だけではなく、肺炎や結核、膠原病(こうげんびょう)などの病気、生理や妊娠といった女性特有のモノ、そして更年期障害など、実に様々なことが原因として考えられます。

その微熱に対処する方法の一つとして、解熱鎮痛剤を服用することが挙げられます。

しかし、ドラッグストアなどに行くと、実に様々な種類の解熱鎮痛剤が陳列されていて、一体自分はどれを飲めばいいのだろう?と迷ってしまう方が多いと思います。

そこで、本記事では微熱が続く時に役立つ、自分にぴったりな解熱鎮痛剤の選び方を詳しく解説していきます。

続きを読む