5月病って一体どんな病気なの?その原因と治し方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春のゴールデンウィークの季節になると、テレビなどでよく見かける「5月病」の言葉。

何となく「精神的な病」であることはみなさんもご存知だと思いますが、五月病とは一体どのような病気なのかよく分からないという方が多いと思います。

また、「そもそも5月病って本当にあるの?」思ってしまう方や「ひょっとしたら自分も5月病かもしれない…」と心配になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんな五月病の正体や、原因、治し方、そしてご自身でできる簡単な五月病セルフチェックについて詳しくご説明させていただきます。


五月病とはどんな病気なのか?

五月病とは「適応障害」や「うつ病」「アパシー・シンドローム(無気力症候群)」の俗称です。

実は正式に五月病という病名があるわけではありません。

入学や入社、転職など大きな環境の変化が集中する4月から1ヶ月間。

ほとんどの人が新しい環境に適応し出す5月のゴールデンウィークの時期を堺に一過性の「適応障害」や「うつ病」に似た症状が表れてしまうということから五月病と呼ばれるようになりました。

ほとんどの人が4月〜5月にかけて、入学や入社、転職などによって大きく変わった変に適応していく中で、主に人間関係や職場環境に適応することができず一過性の「適応障害」や「うつ病」に似た症状が現れてしまうのが五月病の正体です。

五月病の症状とは?

五月病は「適応障害」や「うつ病」「アパシー・シンドローム(無気力症候群)」など精神疾患の俗称であるため、これらと同様の症状が表れます。

五月病は、精神面で現れる「精神症状」と肉体面で現れる「身体症状」に分けられ、次表のような症状が表れます。

特徴としては、すべて「環境の変化に適応できないストレス」が原因で起こる一過性の症状であるということです。

精神症状

不安感 / 行動・思考意欲の低下 / 判断力・思考力の低下 / 自殺思考 / イライラ / 無気力

身体症状

食欲低下 / 体のだるさ・倦怠感 / 疲れやすさ(体・目など)/ 睡眠障害(不眠症・過眠症など) / 性欲低下 / 頭痛・頭が重い / 胃の痛み / 肩こり / 動悸 / 関節の痛み / 息苦しさ / 目の疲れ

そのため、環境を再度変えたり、以前から親交のある友人や知人と話したり、今現在の環境を変えることで、一気に症状が改善されることが多いそうです。

五月病は1年中なりうる病気!?

先ほどもお話した通り、五月病は「環境に適応できないストレス」が原因で起こる精神疾患です。

そのため、五月で無くともその人にとって大きな環境の変化があれば、いわゆる五月病は起こる可能性が十分にあります。

たとえば、海外の大学を卒業した方であれば、秋入社が基本になります。そのため、五月病は秋に起きる可能性があると言えるのです。

一般的に日本では、入社や入学、転職といった大きな環境の変化が4月に集中しているため、5月に症状を発症する人がたまたま多かったということから五月病という俗称が生まれた訳なのです。

その実態は「適応障害」や「うつ病」「アパシー・シンドローム(無気力症候群)」といった精神疾患であるため、五月に限らず1年を通して五月病と同様の症状が起こることがあります。

五月病の実態調査!五月病の患者数はどれくらいいるの!?

実は五月病は「適応障害」や「うつ病」「アパシー・シンドローム」などの精神疾患の俗称の一つであるため、五月病自体の患者数を調べることは難しいと言えます。

しかし五月病の「五月に発症する人が多い」「精神疾患である」という特徴から、五月にどれくらいの数の精神疾患の患者数がいるかを調べることで、五月病患者数をおおまかに把握することができます。

たとえば、過去5年間のGoogleトレンドを見てみると、どの年も5月の初旬(1〜10日あたり)に「5月病(5月病)」というキーワードが極端に伸びていることが分かります。

5月に「5月病」または「五月病」と検索する人はおおよそ「テレビで五月病という言葉を見ることが多くなり気になって調べた人」と「ひょっとしたら自分も五月病なのかもしれないと心配する人」に大別できるため、このGoogleの検索数だけで見ると「五月病患者数」は相当数いるのではないかということが想定されます。

次に五月病は「適応障害」「うつ病」「アパシー・シンドローム(無気力症候群)」の一種であるということから、それら精神疾患の月別統計を調べてみましょう。

平成28年に健康保険組合連合会により発表された「平成26年度メンタル系疾患の動向に関するレポート」によると、「うつ病」などを含む「気分(感情)障害」の患者数は、12月に一番多く4月に一番少なくなっています。

五月病の発症が多い5月もそれほど患者数は多くありません。

(※健康保険組合連合会「平成26年度メンタル系疾患の動向に関するレポート」より)

一方で、五月病の精神的症状の一つである「自殺思考」という観点から、自殺者の月別統計を見てみましょう。

警視庁が毎年発表している「月別の自殺者数」を見てみると、3月、4月、5月と春に自殺者が多いことが分かります。

(※警視庁「月別の自殺者数」よりkARADARU編集部が作成)

また、過去5年間の月別自殺者数を見てみると、平成27年度は5月の自殺者数が圧倒的に多いという結果になっていますが、全体的に3月が一番多く、次いで5月という傾向は毎年同じであることが分かります。

(※警視庁「自殺者統計」原表データよりKARADARU編集部作成)

以上の結果から、5月に精神疾患を訴える患者の数は比較的少ないのにかかわらず、自殺者が1年の中でも環境の変化が大きい3月と5月に集中しているということは、3月や5月は患者数は少なくても、環境の変化に耐えられず、自殺を考えてしまうほど追い詰めらてしまう割合が非常に高い時期であるということが分かります。

このように、環境の変化というのは、それほど人にとって「ストレス」を感じてしまうリスクが非常に高く、それによって発症してしまう五月病は、放おっておくと自殺思考にまで至ってしまう深刻な病気であり、早めの対処が必要だと言えます。

ひょっとしたら私も!簡単五月病セルフチェック

五月病は精神疾患なので、風邪や疲れなどと勘違いしてしまう人がほとんどです。

では、一体どのような基準で五月病であるか、否かを判断すればいいのでしょうか?

「ひょっとしたら私も五月病かもしれない…」という方は、次にご紹介するご自身で簡単にできる五月病セルフチェックをやってみてください。

次の項目の中から当てはまるものの数を数えてみてください。

  • 毎日の生活がつまらなく感じる
  • ちょっとしたことで涙が出てしまう
  • 仕事でのミスが増えたり効率が落ちてきた
  • ドタキャンが多くなった
  • 遅刻や早退、欠勤など勤務態度が悪くなってきた
  • 休日は一日中寝ていることが多い
  • 朝になると体調が悪くなる
  • 趣味をするのも面倒に感じてしまう
  • イライラしたり怒ったりすることが多くなってきた
  • 飲酒量が以前より増えた
  • 眠れない日が続く
  • 人から常に悪口を言われているように感じてしまう(自意識過剰)

4〜6個当てはまるという方は、軽い「うつ病」の可能性があります。

7個以上当てはまる方は五月病である可能性が高いので、精神科への受診をお勧めします。

五月病になってしまったら?五月病の治し方

五月病は「環境に適応できないストレス」が最大の原因です。

そのため、自分が今置かれている「環境を変える」こと、そして「環境に適応できない自分を許す」ことで症状の改善が期待できます。

ストレス解消などを行うのも一つ手ではありますが、それらはあくまで対症療法でしかないため、一度ストレスを解消したとしても、状況が変わらなければ元に戻ってしまいます。

そのため、ここでは五月病という精神疾患を根本的に解決するためにはどうすればいいか? その具体的な方法についてご紹介していきます。



環境を変える方法

五月病は「環境に適応できないストレス」が最大の原因であるため、その原因の大元は自分の今置かれている環境にあります。

そのため、極端に言えば「会社を辞める」「転職する」など環境をがらりと変えることで症状が一気に改善に向かうことが多いようです。

例えば、五月病ではありませんが「適応障害」をこのように克服した事例もあります。

「適応障害」を克服したAさんの事例

Aさんは大学を卒業後、念願であった某自動車メーカーに入社、4年間外装設計担当として働いていました。

しかし、その会社が海外企業に買収され、急速にグローバル化が進行。仕事のやり方が海外式に一変。

Aさんは設計士として入社したため英語力は入社当時全く求められておらずTOEICは300点台でした。そのため、4年目のただでさえ忙しい時期に、社内メールや資料、規格すべて英語で読み解く、または記載しなければならなくなり、残業をすることが増えてしまいました。

また、グローバル組織なためWeb会議も増えた(時差を考慮した深夜会議)だけではなく、上司が外人になってしまったため、会議などでのプレゼンもすべて英語で行わなければならなくなりました。

今までの仕事量に加え海外式のやり方、そして英語でのコミュニケーションを強いられたため、業務量がいままでの2倍以上に膨れ上がり、もはや一人では抱えきれない状態。家でも仕事をする状況が続きました。

しかし周りの他の上司や先輩も同様な状況えあり、誰一人相談出来る人はいなかったのだそうです。さらには、海外の上司は「残業は減らすように」という提案をし、残業手当もほとんどでません。

このようなパニック状態の社内についていくことが出来ず、朝になると腹痛と吐き気がする謎の症状に悩まされ会社を休みがちに…。精神科を受診すると「適応障害」という診断結果がくだされ、Aさんは半年間の休職を決定。

休職して改善したのかというとそうでもなく、「自分は会社の職務を投げ出したダメなやつだ…」「みんなに申し訳ない…」という思いから、なかなか症状が改善せず、引きこもりがちになってしました。

しかし、変化は突然訪れます。Aさんの友人から「一緒にグラフィクデザインの会社を立ち上げないか?」と誘われます。

Aさんは会社勤めをしながら、グラフィックデザインの仕事をクラウドソーシングで受注して行っていたこともあり、この話に乗りました。そして、その日から会社の立ち上げの準備に参加するようになったのです。

友人からの話を引き受けた直後からAさんの体調は急変。今まであった朝の腹痛や吐き気、そして無気力感が一気に抜け、顔色はみるみるうちに良くなっていきました。

そして半年の休職を経て、Aさんは正式に会社を退職。今では元気にグラフィックデザイン会社で働いています。

このAさんの事例の通り、精神疾患の多くは「自らの環境を変える」ことで劇的に症状が改善するということが多いのだそうです。

このように、もしみなさんが五月病による症状に悩んでいるのであれば、自らの環境を変えられないか?と模索し、思い切って他の環境に飛び込んでみることで、五月病の改善が期待できる可能性があるかもしれません。

環境に適応できない自分を許す方法

「環境を変える」と言うのは簡単ですが、実際は「辞めてしまってはみんなに申し訳ない…自分はダメな人間だ…」「入社してすぐにこんな状況になって、自分が情けない…」などの罪悪感や責任感から、なかなか行動に移せない方が多いと思います。

そんなすぐ方は、ぜひ「環境に適応できない自分を許してあげる努力」をしてみてください。やり方は簡単です。自分が思ったネガティブな事すべてを前向きな言葉に変えて言い直すだけです。

例えば「会社が大変な時に休職してしまった。同僚や先輩に申し訳ない…」というネガティブな考え方をしてしまった時には、こう変えてみてください。

「こういう時期も人には必要だよ。時には休んだっていいじゃない」

また「職場の人間関係でうまくいかないな…」と考えてしまった時には、こう考えてみましょう。

「人間関係でうまくいかないということは、もしかしたらその職場が自分に合っていないというメッセージかもしれない。それに早めに気づけた僕はラッキーだ」

このように、ネガティブな思考を徹底的に「自分を肯定する」言葉に置き換えてみてください。

たとえ心ではそう思っていなくとも、口に出すということが大切です。

言葉は言霊というように、私たちの気づかないところで、私たちの深層心理に働きかけてくれます。

例えば「自分は風邪だ…」と言い続けたら本当に風邪を引いてしまったりという事例もあるほど、私たちの口から発する言葉には、今の現状を大きく変える力があります。

一度騙されたと思って毎日実践してみてください。きっと効果が期待できるはずです。

いかがでしたか? 五月病はいわゆる「新しい環境に適応できないストレス」、つまり「新しい環境に適応できない自分が許せない」ことから起こります。

そのため、まずはそんな自分自身を許す努力、そして可能であれば環境を変えてみる努力をすることで根本的なところから症状の改善が期待できます。

人生誰にだってうまくいかないと感じることはあります。五月病だから「ダメな人間」と思わず、ぜひそんな自分自身を許し、今の環境を変える努力をしてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*